株式会社アイ・ジェイ・エス

会社情報
トップページ 製品紹介 サポート パートナー 導入事例 資料請求・お問い合わせ

製造業

導入して頂いたお客様の声

【導入前の状況】

  • 販売管理ソフトは使っていたが、売上伝票・請求書発行・回収管理しか使っていなかった。
  • 日々の業務の大半は、エクセルで作ったシートで仕事をしていました。
  • 受注残管理はエクセル、発注書作成、発注管理もエクセル、仕入先の支払管理もエクセル、在庫管理もエクセルで管理していました。
  • 宅配伝票や出荷伝票は、ワープロで印字していました。
  • 製品の原価管理も製造原価報告書として、エクセルで管理していました。
  • 多くの業務を担当者が個々に、エクセルで管理していた。
  • 製品の図面などは、フォルダーで管理していた。

【導入前の問題点】

  • 転記作業が大変なだけでなく、転記漏れがあり、実際の在庫数が合わない事が多かった。
  • 受発注状況は、個々の担当者しかわからない事が多く、その担当者が休むとたちまち困っていた。
  • いつ作ったこの製品は、いつ、どこから、仕入れた材料なのか、また、いつ、どこへ、販売したのか、などを調べる事ができない管理だった。
  • 在庫が減っていることに気付かず、納期に間に合わなかった事があった。
  • 製品のコスト管理をするための情報が一元化されていない。
  • 誰が、どのデータを削除しても、わからないシステムだった。
売上原価Proを導入すると・・・・・

導入後の効果

  • 1つデータを入力すれば、すべてのデータに反映するので、転記作業が減り、転記漏れもなくなり、データの信頼性があがった。
  • いつでも、誰でも、受発注状況、入荷状況、出荷状況、在庫状況がわかるようになった。
  • 誰でも、お客様台帳を見れば、過去の履歴や書類がわかるようになり、お客様への対応ができるようになった。
  • 営業利益を担当者ごと、製品ごとに閲覧できるので、どこに問題があるか、早い段階での手が打てるようになりました。
  • なにか問題があっても、製品の履歴を追える仕組みができた。
  • データが会社の財産なので、そのデータを社内的に守る体制ができた事で、外部の企業からの信頼度があがった。

売上原価Proの便利機能紹介

ロスを含めた在庫管理が可能。受注で、引当在庫状況を一目で確認できる。ロット別の在庫管理に対応。

ロスを含めた在庫管理が可能。受注で、引当在庫状況を一目で確認できる。ロット別の在庫管理に対応。

売上伝票、仕入伝票にて、ロット管理Noで管理できる。 ロット管理NOには、漢字も使えるので、産地で使う事も可

売上伝票、仕入伝票にて、ロット管理Noで管理できる。
ロット管理NOには、漢字も使えるので、産地で使う事も可

 

顧客台帳や工事台帳にて、収支状況、入金履歴、外注履歴、作業履歴、顧客情報、訪問履歴、サポート履歴、保守履歴、契約書、<br />
図面情報など、すべてが一目でわかる

▲このページのトップへ