株式会社アイ・ジェイ・エス

会社情報
トップページ 製品紹介 サポート パートナー 導入事例 資料請求・お問い合わせ

製品紹介

  • 売上原価Pro
  • 建築Pro
  • マニフェストPro

購入方法

弊社では、ソフトの販売を販売パートナー様経由で行なっています。
パートナー様のご紹介はこちら!

資料請求・お問い合わせ

ご希望の製品カタログを無料でお届けいたします。
ソフトの導入、その他ご質問等ございましたら、お気軽にご連絡ください。

TEL:075-212-7585 FAX:075-212-7563

欲しかった、そして「売上原価Pro」生まれました。

受託ソフト開発業

導入して頂いたお客様の声

【導入前の状況】

  • プロジェクト毎に担当者が個々にExcelで見積を作成し、受注後も支払データを原価シートに転記入力して管理していました。そのため会社全体を見る際や、担当者別の月別の売上管理票を見る場合は、別のシートに何度も打ち直しをしていました。
  • 開発の工数管理は、エクセルで個々に管理していました。
  • 年間保守費の請求は、年に1回、お客様へ年間費用を一括で請求していたが、経理的には、毎月12回に分けて売上を計上し、残りは前受金として処理をしなければならないので、仕訳伝票を会計ソフトへ毎月入力していた。
  • 顧客管理ソフトは使っていたが、情報をソフトに転記する時間がないので、住所録管理でしか使っていない。
  • 保守契約の管理は、自前で作った、アクセスのソフトを使っている。
  • 過去の仕様書や提案書・見積書など、ファイリングソフトを使って、個々に、名前をつけて保存している。

【導入前の問題点】

  • 転記作業が大変なだけでなく、転記漏れがあり、経理との数字が合わない事が多かった。
  • プロジェクトの収支は、完了するまでわからなかった。
  • 担当者別の収支やプロジェクト別収支が見たい時にすぐみれない。
  • 前受金の管理業務が毎月大変だった。
  • いろんな情報をバラバラのソフトに入力しているので、入力作業に時間がかかってしまい、入力漏れが多く、入力することが仕事になっていて、本来の、データを生かす仕事ができていない。
  • 顧客の過去の情報を探そうとしても、担当者でないと、わからない事が多い。
売上原価Proを導入すると・・・・・

導入後の効果

  • 1つデータを入力すれば、すべてのデータに反映するので、営業部、業務部、経理部とも転記作業が減り、転記漏れもなくなり、短時間で仕事ができるようになり、データの信頼性があがった。
  • いつでも、誰でも、プロジェクトの収支がわかるようになった。
  • 誰でも、お客様台帳を見れば、過去の履歴や書類がわかるようになり、お客様への対応ができるようになった。
  • 営業利益を担当者ごと、プロジェクトごとに閲覧できるので、どこに問題があるか、早い段階での手が打てるようになりました。

売上原価Proの便利機能紹介

添付ファイルや書類を伝票や台帳に関連づけしてファイリングできる為、簡単に誰でも探せる

添付ファイルや書類を伝票や台帳に関連づけしてファイリングできる為、簡単に誰でも探せる

アラーム機能で、教えてくれるから漏れない。

アラーム機能で、教えてくれるから忘れない

顧客台帳やプロジェクト台帳にて、収支状況、入金履歴、外注履歴、作業履歴、顧客情報、訪問履歴、サポート履歴、保守履歴、
契約書、仕様書情報など、すべてが一目でわかる

顧客台帳やプロジェクト台帳にて、収支状況、入金履歴、外注履歴、作業履歴、顧客情報、訪問履歴、サポート履歴、保守履歴、契約書、仕様書情報など、すべてが一目でわかる

プロジェクトの収支がリアルタイムにわかる

顧客台帳や工事台帳にて、収支状況、入金履歴、外注履歴、作業履歴、顧客情報、訪問履歴、サポート履歴、保守履歴、契約書、<br />
図面情報など、すべてが一目でわかる

▲このページのトップへ